455: 1/2 2011/10/11(火) 14:10:12
子供のころに、姉と近所の子と一緒に砂場で遊んでいた時、 
飽きた私はベンチの上にある日差し除けの覆いに飛び乗って遊び始めた。 
ベンチからジャンプし覆いの端に指をかけてぶら下がっては地上に飛び降りる。 
それを何度か繰り返して遊んでいたんだけど、とうとう手が滑って落ちた。 
あまりの痛みにしばらく動けず、砂場で遊ぶ姉と友達が遠く感じた。 
その内、私のうめき声に気付いた姉が、曲がった私の左手首に驚き、自宅へ飛んで帰った。



<


 

姉と共に駆け付けた母はかまぼこ板と包帯を持っていた。折しもその日は休日。
病院はあいておらず、少し離れた救急指定の小さな整形外科医院に連れて行かれた。
医者はかまぼこ板にまず笑い、簡単な診察をして骨折ですねと診断。
私は添え板を当てられ包帯でぐるぐる巻きにされ、全治1か月と言われた。
その治療に母はレントゲンは撮らないんですかと詰め寄ったが、医者は必要ないと。
そんなに心配なら今から別の病院に行けば良いでしょうとまで言ったらしい。
私はよく覚えていないんだけどね。
456: 2/2 2011/10/11(火) 14:11:15
腹を立てた母は翌日、総合病院に私を連れて行き事の次第を伝え、
もっときちんと診察して欲しいと訴えたそうだ。
結果、レントゲンの後に私は手術と入院が必要なとても厄介な骨折だと判明。
手術後は肘までギプスで固められ全治3か月で半年は体重をかけるなと言われたほど。
医者曰く、下手をしたらお宅のお子さん、左右の腕の長さが違って成長していたかも、だと。
その後数年間は、母から折に触れて「ちょっと腕をそろえて見せてみなさい」と、
何度も腕の長さを確かめてはほっとする、という事が繰り返された。
後から知ったが、最初に行った小さな整形外科医院は近所では有名なやぶ医者だったらしい。
でも救急指定だから近所の学校でけが人が出ると真っ先に運び込まれてしまい、
後から別の病院に移るのが定石になっていたくらいだそうだ。

人生初の骨折の上、病院での母の滅多にない怒った姿と、
左腕が成長しないかもと数年間はちょっと不安で怖かった。
457: 名無しさん@HOME 2011/10/11(火) 14:15:52
なんで藪が救急指定になっていることが多いんだろう
以前住んでいたところの救急指定も
「天国に一番近い医者」と呼ばれていたよ
462: 名無しさん@HOME 2011/10/11(火) 14:26:02
藪だからガラガラなんだろ。
救急としてはとりあえず病院に突っ込んどきたいから
そういうところが指定されるんだと思われ。
空きがなくてたらいまわしってことがなくなるもんな
459: 名無しさん@HOME 2011/10/11(火) 14:18:36
ちゃんと他の病院に連れて行った母GJ!

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £21