419: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:56:08 ID:Afi
先日修羅場に巻き込まれた話

仕事が激務で、家には寝に帰るような状態が何日も続いていた
数人で会社に泊まり込んで仕事を片付けたら朝になり
他の社員達が出勤してきた


スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク

朝礼は出たけど、徹夜で疲れていたので
上司から「今日は帰って寝ていいよ、明日も休み」と
有難い提案をいただき、会社を出た

徹夜明けでめちゃくちゃ疲れてるはずなのに
体内時計が狂ってて、眠くならない

そんな時、専業主婦の友人から
「近々ごはんでも行かない?」とLINEが来たので
「今日ヒマなんだけど、ランチでもどう?」と聞いたらOKで
ナチュラルハイのままランチに行くことになった

ファミレスで待ち合わせて、それぞれオーダーしたところで
友人が「財布忘れた!」と騒ぎだし
「ファミレスくらい奢るよ」と言ったら
その後歯医者に行くのに診察券も保険証もないからと
友人は一時帰宅することになった

ひとりでポツンと待っていると運ばれてくる料理
お腹空いてたので一人でガツガツパスタを食べてた
420: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:56:19 ID:Afi
そこにスーツの男性と中年の女性が登場
男女共になんだか怖い顔をしている
すると、断りもなく私の席に座った

「○○さんですね、お忙しいところお呼び立てして申し訳ございません」

なぜこの男女が私の名前を知っているの?と
脳内に?マークが飛び交うも、ハトマメ状態で一言も発せず

ポカン顔の私を気にすることもなく
スーツの男性はスマートにホットコーヒーを2つオーダーし
「△△様のご依頼を受任致しました□□です」
と名刺を出して自己紹介
名刺には弁護士と書かれていた

パスタが絡まったフォークを持ったまま、きょとん顔の私に対して
弁護士は早口でサクサクと話し始めた

「今回の△△さんのご主人とあなたの不貞に関して、こちらの奥様はあなたを訴えられます」

ここで書いておくと、私の苗字の○○は
伊藤・佐藤・山本並みのよくある苗字

△△は、数か月前に別れた元彼の苗字で
この苗字はかなりレアな苗字だった
(調べたら全国に70世帯くらいしかない苗字だった)

元彼って結婚してたの?
いやでも、この奥さん、私や元彼からみるとかなり年上で
元彼のお母さんでもおかしくない年齢だけど
元彼は私を捨てて若〜い子に走ったくらい若い子好きだし
このBBAと夫婦なんてありえない
スポンサーリンク
421: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:56:39 ID:Afi
現状を一生懸命理解しようと半分寝てる脳をフル回転させるも
なぜか口からは一言も発せない

仕方なく弁護士のスピーチを聞いていると

「あなたは△△氏が既婚であると知りながら男女関係を続け」
「民法第709条に基づき、損害賠償請求を」

というところに、友人の頼んだ肉汁ほとばしるステーキ登場

「よく食べますね」
と弁護士に冷たく言われ、横のBBAには睨まれ
よくわからなくなった私は無言でステーキを切ってほおばった

弁護士のスピーチの間、私は飲んでないのに酔っ払っているような
ふわふわした気持ちになり
ひたすらパスタとステーキを食べていたら
BBAが両手で「バンッ!!」とテーブルを叩き

「あなたは自分の罪の重さを理解してるんですか?」
と怒鳴られた

「・・・わかりません」と回答したところで、友人帰還

友人「この人達、誰?」
422: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:56:47 ID:Afi
4人できょとん顔をしていると
「あの・・・」と30代後半くらいの暗そうな女性が声をかけてきた

暗い女「待ち合わせをしてたのは私です・・・」
弁護士「あなたは○○さんじゃないんですか?」
私  「私の名前は○○ですけど」
BBA 「なんなのよ一体!」
私  「私はこの友人と2人で食事に来たんですけど」
弁護士「・・・」
BBA 「だったら早くそう言いなさいよ!!」

BBAと弁護士はプンスカしながら暗い女の席に移動して行った
店員さんは無言でコーヒー2つを持って行った

向こうの席はなんかまた1からモメてたw

wktkの友人に起きたことを話し
パニックでステーキを食べてしまったことを謝罪し
友人は再度ステーキをオーダーして
例のテーブルをニラヲチしながら食事を終わらせて店を出た

レジに伝票を持って行ったら、
弁護士が払ってくれたみたいで「お会計は済んでいます」と言われた

得したのか損したのかわかんないや
423: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)07:07:27 ID:Ryu
>>422

食事代金浮いたし、このスレに書くネタができたし
得したんだよ!
おばさんは何歳くらいだったの?

引用元: 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】



スポンサーリンク