551: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)18:21:49 ID:???
社会人になって初めて出席した結婚披露宴が衝撃だった。
こちらは新郎側の同僚。
新郎は目立たない感じのごく普通の人。仕事ぶりも普通。上司の紹介での半見合い結婚だった。





友人のスピーチあたりからちょっと変な感じはしていた。
「新郎君はお調子者で盛り上げ隊長で、空気読むより盛り上げ第一!な人で」とか
「ノリが第一な新郎君はほんとにノリが良くて、僕らは苦労させられました」とか
チクチク棘が混ざる感じ。
どうも学生時代の新郎は、DQNまでいかないけど迷惑なやつだったらしい。

余興がはじまって、新郎友人が編集したスライドショーをバックに
友人たちが歌うという余興だった。
スライドショーは「過去に新郎が出席した、友人たちの披露宴での新郎の雄姿」だそうで
・尻にキャンドルを刺してこっちに尻を向けてピースしてる新郎
・火のついた棒?バトン?を振りまわしてる新郎
・どこかの新婦のお色直しのドレスに剥きだしのイチモツを押しつけてる新郎
・口に含んだ食べ物か飲み物を、他人の料理に噴射してる新郎
・ビール瓶を下半身にかまえ、来賓席にぶっかけてる新郎
などなどだった。
歌は「貸した金返せよ~」っていうウルフルズのやつだった。

新郎は2年後くらいに離婚した。
その披露宴の後、新郎を結婚式に招待した同僚はいない。
553: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)20:01:51 ID:???
>>551
披露宴でさえやり続けなければ「愛すべきバカ」でいられたかもしれないのにな。
親しき仲にも礼儀あり、それが分からんと「ただのバカ」

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目