339: おさかなくわえた名無しさん 2006/07/02(日) 00:03:51 ID:/+iT74lH
高二のとき友達と部活の帰り真っ暗な道を歩いてたら、脇道からいきなり 
物凄いヒゲとメチャクチャな髪の作業服のおじさんが出てきて、
 
「おじさん財布落としてめっちゃ困ってんの。お嬢ちゃんたちはいい子だよね。
電車賃くらい貸してくれるよね。おじさん無理言ってないよね」とか
ギラギラした目で笑いながらまくしたててきた。
恐くて声も出なかったんだけど、そんな私を押しのけるように友達が何も言わず
私とおじさんの間に割って入って「どうぞ」と自分の財布を開けて差し出した。
中に入っていた貨幣 合計7円を見て、おじさんはたじろいで無言で立ち去った。
340: おさかなくわえた名無しさん 2006/07/02(日) 00:09:59 ID:fr0bzpQp
>>339
今現在財布の中身が32円+使う予定の無いギザギザ10円という俺がGJを授ける。
・・・が、襲われなくてヨカッタね。
341: おさかなくわえた名無しさん 2006/07/02(日) 00:10:46 ID:ykAHfIj1
勇者だ!
たった7円が友と自分、そしてその全財産を守ったのだ

引用元: 胸がスーッとする武勇イ云を聞かせて下さい!(34)