スポンサーリンク
ピックアップ記事
スポンサードリンク
スポンサーリンク

スポンサードリンク

黒い話

実家で母の厨二病ノートを発見!そのノートに書かれていた内容が…

2afad8c7e781ef725259252413ba25ff732ac4ff


106: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)19:17:28 ID:???
母の、遅い中二病ドリームのノートを見た時が修羅場。

私の兄は、大学受験と就職に必要な国家資格の試験で、あわせて3年浪人をしており、
「この子は要領が悪い」と母の心配の種だった。

でも就職してからは問題なくキャリアを積み、やがて知り合った同職種の女性と結婚することになった。
当時、兄は31歳、義姉になる人は33歳。

父も母も大喜び、義姉になる人が家に来た時も「要領の悪いウチの子がこんな立派な女性と」と
歓迎ムードだった。

ところが、兄の結婚式が近づいたとき、私と従妹・従姉の前で本音を漏らした。

「本当はもっと別な女性がよかった」と。

義姉さんは、兄と同職種で、年上だからキャリアも上(当時の兄より上位の資格持ち)、もちろん年収も上。
しかも、いかにも仕事できそうなキリっとした風貌で、父子家庭に育って弟妹の面倒を見てきたため家事もバリバリできる。

いったい何が不満なのかと聞いたら、母の理想は

「若いお嬢さん育ちで、物知らずで家事とか苦手な嫁にいろいろ教えたかった」
「『お義母さま~』って甘えられたり、尊敬されてニコニコ仲良くやりたかった」
「時にはやりくりに困った嫁に頼られてこっそり小遣いを渡すとかしたかった」

という、少女趣味というかなんというか、正直言ってキモいドリームだった。
酒が入っていたせいもあり、私と従妹・従姉で
「きもちわる~w。そんな女今時いないってw」「そんな嫁おばさん苦労するだけよw」
とか笑いながらフルボッコにしたら、
「何よ!夢くらい見たっていいじゃない!」って半泣きになってしまった。

スポンサードリンク




25歳で中二病を発症した元カレいわく、『俺は正体は九尾の狐だ』。会うたびに「姫様」と崇められ拝まれ…

2009100412130137e


431: 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)14:30:02 ID:ZCtDGbBbw
過去に1ヶ月だけ付き合ったAの存在はもはや黒歴史。
Aは25歳になって中二病を発症した。しかもかなり重症で病院にぶちこみたくなるレベル。

初めは本当に真面目な青年だった。
しかし何に影響されたのか急に自分が「俺は正体は九尾の狐だ」とか言い出した。
最初はなんだそりゃwと受け流していたが、症状はどんどん悪化。
私の名字が九尾の狐とやらが封印された地名と同じだった為、「私子は九尾の伝説に何かしらの因果関係がある」と祭り上げてくるように。
いつのまにか用意された巫女服を着てしようと言われてドン引き。
そして会う度に「姫様」と崇められ拝まれる始末。
あまりの痛々しさと気持ち悪さが生理的に無理だと思うようになり、別れを切り出した。
さんざんごねられ、Aはストーカー化。ポストに狐の形をした和紙みたいなのが大量に入ってた。
警察に通報し、Aはこってり絞られようやく目を覚ましました。
何度も謝罪のメールがきたが、関わりたくないので携帯を解約した。

現在Aは普通に結婚して子供もいる。

なんだったんだ一体。

スポンサードリンク




友達の家でトイレに駆け込んだら紙がなくて大ピンチ!私はパンツを9階からブン投げた!!

紙が無い


186: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)08:54:53 ID:EGNuoSdii
下系の話があったので投下

小学校の時、好きな男の子A君がいた
A君はサッカー部のエースとか、目立ってモテるタイプではなくて
A君を好きだったのは私くらいしかいなかったので、
友達にも打ち明けていない秘密の片思いだった

ある日5〜6人でA君のマンションにファミコンやりに行くことになった
A君宅で、お母さんにお菓子と牛乳を出された
今思うと、この牛乳が古かった模様

友人B子が青い顔でトイレに行って戻ってこない
やっと戻ってきた頃、私もトイレに駆け込んだ

腹痛に耐えながら用を足してホットしたのも束の間
そう、紙がない

当時はウォシュレットなども普及しておらず
トイレ用消臭スプレーなんかも一般家庭には置いてない
そして運悪くトイレットペーパーの予備もなかった
B子のやつ、使いきって素知らぬ顔で戻ってきやがった

私は絶体絶命のピンチ

スポンサードリンク




厨二真っ盛りのときに担任の女教師にガチ惚れした俺は、女教師が俺に惚れる自作小説を宿題として提出した結果…

2afad8c7e781ef725259252413ba25ff732ac4ff


252: 名無しさん@おーぷん 2014/08/18(月)17:21:36 ID:II6yHYQlz
俺が中3のときの担任が新任の女教師だった。
小さくて可愛らしく俺はガチ惚れした。
同級生の女子どもなんてお子様にしか見えなかった。
そんで厨2病真っ盛りだった俺は、自作の小説を書いて楽しんでいた。
闇の魔術師がどうたら、半分妖怪の血が混ざっている俺は異質で孤独な存在みたいな小説を次々に量産。
女教師に惚れてからは、俺と女教師の少年漫画チックな小説を作り始めた。
内容は、地球を制圧するために宇宙から事前視察に来た俺は人間どもを無慈悲にサツガイしまくるが、
一人の地球の女に出会う。
それが女教師。
女教師は俺の地球人離れした容姿(一応人型だが髪の色や瞳の色がありえない色)に怯えるが、
徐々に俺に惹かれていく。
俺は地球の女一匹ぐらい瞬殺できるが何故か女教師だけはころせない。
やがて2人は愛し合うが、宇宙の連中から非難を浴び、宇宙中を敵にまわしてしまう・・といったもの。
その糞小説のノートを数学の宿題のノートと間違えて鞄に入れてしまい、翌日提出してしまった。

スポンサードリンク




記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク