ピックアップ記事
スポンサードリンク
スポンサーリンク

オカルト

[1/2]母の知人『すごい霊能力者がいるから見てもらったほうがいいよ!』母「う~ん」 → 霊能力者『』母「えっ!?」 → なんと…


※その1※

※その2※ 2019/06/25 0:01 公開


1: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/17(金) 20:42:31.13 ID:dHP0NJQq0 ?2BP(0)
昔の話だけど、思い出しながら少しづつ書いていきます。 

2: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/17(金) 20:43:30.59 ID:dHP0NJQq0 ?2BP(0)
それは母親が知人から紹介されて、 
どうしようもない感じで付き合いである人に会いにいった。 

この話はここから始まる。 

3: 腰痛持ち ◆HUXG09iTHc 2014/01/17(金) 20:45:20.23 ID:dHP0NJQq0 ?2BP(0)
「霊能力がある人なんだけど、とても凄い人だから是非みてもらったほうがいよ。」 

そういう話に結構母親も好きで、1時間3,000円で見てくれるっていう。 


嫁が枕元に立ってて俺を上から見てた。俺「どうしたの?」嫁『別に』俺(怖い…) → ある日の夜に、俺『嫁が笑って窓から見てる!助けて!』

※後日談のないお話となっております。
続き分を発見次第、追記致します!

1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)05:52:33 ID:ypUNL3sPZ
さっき起きたら嫁が枕元に立ってた
ひたすら俺を上から見てたよ
超怖いんだが
なんなのいったい
2: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)06:02:40 ID:OrRoRPN8j
その汚ぇ面に運子捻り落としてやろうと思ってな!ブハハハハハハ
3: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)06:04:42 ID:dIwy0nlsF
聞いてみ


友人を家に呼ぶと、友人『お願いだから病院に行って下さい!』旦那「えっ?」 → 病院に行くと、医者『』旦那、私「へっ?」 → なんと…

226: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/09(土) 09:07:25.93 ID:LGB/Did2.net
ちょっとオカルト注意 

最近お互い忙しかったのが解決したから昔からの友人を家に呼んだんだけど 
玄関に出てきた旦那を見た瞬間顔色が変わって「お願いだから病院に行ってください」って頭を下げられた 


いいヤツだった親友『お金を貸してくれ』俺「…(これで4、5度目。様子がおかしいな)」 → そいつの家に行ってみると、俺「えっ」 → 衝撃な光景が…

778: 本当にあった怖い名無し 2011/10/26(水) 11:01:49.40 ID:nVlvU9Iq0
ちとスレ違いかもしれんけど 

小学校は六年間同じクラス 
中学では二年間同じクラス 
高校でも一年間は同じクラス 
行く大学も一緒で学部は違えど部活は同じ 
最高にうまのあう親友がいたんだよ 
悪ぶってみせる癖があったけどな 
気が優しくてちょっと臆病でいいやつだった 


ペンションでのバイトで。B『2−2号室だけ使用厳禁とは?』オーナー「…いや、ちょっとな…」B『バイトの期間中、その部屋に泊まります』 → トンデモナイ事に…

828: 本当にあった怖い名無し 2006/06/06(火) 23:36:28 ID:W4lze7oI0
大学時代にサークルの先輩から聞いた、当時高校生だった先輩の友達が体験した話です。 
その先輩は高校時代は部活には入っておらず同好会として 
放課後十数人でサークルのような活動をしていました。 
同好会の名の通り部活ではないので部費というものが我当てられるはずも無く 
部長もしくはそれに近い立場の人間一人もしくは二人が毎年夏休みに、 
形だけのいわば顧問の先生の知り合いがやっているペンションで住み込みで 
2週間程バイトをして同好会の部費に当たるお金を稼ぐのが 
代々受け継がれている言わばしきたりのようなものでした。 


格安の事故物件を発見。不動産「やめた方が…」私『綺麗な部屋だしここで大丈夫です』 → すると夜に、私『あれ?おかしいな~』 → 衝撃の現象が…

207: 名無しさん@おーぷん 2017/02/23(木)22:29:18 ID:???
なんもやってないけど、妙な達成感みたいなものを得てしまった過去を思い出した。

数年前、地元の会社から他県にある関連会社に期間限定の異動・移住する事が決定。
ネットで会社周辺のアパートを探してたら会社からそこそこ近くて家賃が安いアパートを見つけた。所謂、事故物件だった。


深夜の道路の真ん中に、土下座でうずくまる若い女性が!俺ら「だ、大丈夫ですか?」女性『…』俺ら「どうしたんですか?」女性『』俺ら「!!」 → 恐怖で思わず…

67: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/11(水) 01:51:29 ID:UEmhtlzH
数年前の話。友人の運転で出かけた帰り道の出来事。 
時間は深夜2時くらいだったと思う。 

民家が数軒しかなく街灯もないような 
狭くて暗い道をゆっくり走っていた。 


他界したはずの母が家事してた!幼い俺「お母さんが帰ってきた!^^」 → ある日、俺「あれ?お母さんがいなくなった!」父『おいおい、何言ってるんだ』俺「え?」

45: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 14:25:53.37 ID:E55dGrq80.net
俺の母親は、俺が小学生2年生の時に死んだ。 
死んだことを納得できず、そのあと一月くらいは母親が帰ってくるのでは? 
と期待していた。 
ある日、学校から帰ると普通に母親がいた。買い物をすまして夕食の準備をしていた。 
父親が帰ってきたが、母がいることに驚くようすはなかった。 


俺『誰もいないはずなのに、隣部屋から男女の声が聞こえるんだ』同僚「確かめよう」 → ドアノブを少し開けると、俺『重い…』同僚「警察を呼ぼう!」 → なんと…

512: 名無しさん@おーぷん 2015/05/22(金)15:33:45 ID:ITT
4年前に独身寮でジサツがあってその部屋の隣に住んでた。
そのジサツから半年くらいして毎晩男女の話し声が聞こえて俺は狂ったのかと思い同僚に泊まって貰った。


アパート物件の下見で。一階の住人『二階に住むの?やめといたほうがいいわ』俺「え?」不動産屋『正直オススメできません』俺「安いしここでいいや」→ 結果…

79: 本当にあった怖い名無し 2013/01/08(火) 14:57:16 ID:RkLWWCD/0
長い話になるよ。まとめようと思っても、なんか言い足りないくらいでさ。 

頭良くなくて、デブなやつがいたとするでしょ。 
そいつがもし、小学生で、大人が驚くほど歌が上手だったらどう育つと思う? 
一つの例だけど。僕の場合、歌を拠り所にして、歌に人生賭けたいと思うほどの大人に育った。 
高卒で、母と取引をして上京、上京に反対してる伯父を母にとめてもらって、実家の支援なしで突っ走ったよ。 


Twitter プロフィール
日常に起こりうる衝撃体験をまとめています!
記事検索
アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク