url


721: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/05/20(金) 09:43:30 ID:HkZ7W8k9
私の高校時代の家庭科担当の先生(当時教職について2,3年くらいの若い女の先生)が、
サポーロの大学に通っていた頃の話。

先生は、その時友人Aとサポーロの街を歩いていた。
すると、たまたまマックかロテーリアかどっかのポテトの
タダ券を配るバイトをしていた別の友人Bと遭遇。
「ノルマが終わらないからもらって」と友人Bからポテトのタダ券を大量ゲット。

友人Bと分かれた後またしばらく歩いていると、暴走族の集会に遭遇。
(ノリがすごく体育会系で、新入りが挨拶とかをしていたそうな)
何を思ったか先生、「あのー」とその暴走族に声をかける。
「これ、たくさんもらったんですけど私たちじゃ食べきれませんから、良かったらどうぞ」
とさっきもらったタダ券を差し出した。


暴走族、非常に礼儀正しく先生たちに感謝。
「ありがとうございます!おいテメーらもお礼しろ!」
「ありがとうございます!」「ありがとうございます!」

それから暴走族と別れてまたしばらく歩いていると、
たまたま通りがかったマックだかロテーリアだかで、
さっきの暴走族たちがずらっとカウンターに並んでいる姿と、
あわあわと対応に追われる店員さんの姿が見えたそうだ。

先生曰く「良いことしたんだか悪いことしたんだか」

722: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/05/20(金) 09:56:27 ID:LvByOEwA
ほんとに喜んでくれたんだなw
しかし店員はバビっただろう

724: 名無しさん@どーでもいいことだが。 2005/05/20(金) 15:18:55 ID:DWpxli1F
見かけとのギャップに和むんだろうな。


引用元: あなたの心がなごむとき~第20章