852: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 13:09:45 ID:rI4F5uA1O
流れ豚切り投下 

巻き込まれ修羅場…なのかな 
友子 20歳大学生 
禿男 26歳、友子の彼氏 
私子 20歳大学生、ちょっと洒落たイタリアンレストランでバイト中




付き合って一か月ちょいの彼氏の誕生日なんだけどいい店知らない?と聞かれたので、バイト中のイタリアンレストランを紹介。
友子は初彼ってこともあって張り切って準備してた。

当日は私子のシフトの日だった。仲良さげに入ってきた二人を案内する。
普通に席ついて料理食べ始める。食事が終わり次第タイミングを見てケーキ出し、とのことだったので付近で仕事しつつ待機していた。地獄耳なので、会話が耳に入ってくる。

禿男「で、このあとどうする?」
友子「禿男くんはどうしたい?誕生日だから決めて♪」
禿「ホテル行きたい」
友「ごめんなさい、今日はちょっと…」
禿「は?なんだよお前。彼氏の誕生日にホテル行けないってどういうことだよ。」
不穏な空気を感じたので、ケーキを出してしまおうかと思って厨房に行きかけた時だった。
858: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 13:16:15 ID:rI4F5uA1O
禿「未経験だから怖い?だったら付き合うんじゃねぇよこのクソアマ!だいたい俺の誕生日知ってたんならセイリくらい薬でずらしとけよ!なんでそんなに気が利かないんだ。帰る!」
と、店中に響き渡るくらいの大声で叫んでから禿男は出て行った。

友子、私子、客、厨房含めみんな(゚Д゚)ポカーン
一番先に我に返った友子が半泣きで
「みなさんお食事中に申し訳ありませんでした。」と謝ってる。いい子。お客さんも店員も友子を励ます。
店長に呼ばれて、今日はもう上がって友子についていてやれ、と言われたので友子を連れて友子宅へ。(友子と私子が友達、ということは店の人に話してあった。)
私子にはもちろんまわりのお客さんにもすぐ別れたほうがいいと言われ、友子は禿男との別れを決意。
862: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 13:21:01 ID:rI4F5uA1O
しかし…駅から友子宅に向かう途中で…禿男キタ━━(゚Д゚)━━!!

禿「友子…さっきはごめん。何もしなくていいからホテル行こう」
友「……」
私子「友ちんちゃんと言わなきゃだよ。」
友子「もう無理です。別れて下さい。」
禿男「は?お前なに勝手なこと言って@wj%aふじこふじこ」

ファビる禿男。
掴み掛かってきたのでとりあえず締め上げて友子宅へ。
友子宅に到着後、友子父と兄に禿男を突き出す。ちなみに友子父は私子の所属していた地域の合気道クラブ?のコーチの猛者。兄もそんな感じ。
禿男がそのあとどうなったかは知らない。友子父曰く「根性叩き直してやった。」
友子もあれきり会ってないらしい。

ちなみに友子は今、私のバイト先の料理人と付き合ってる。彼曰く、「あの時の礼儀正しい友子に惚れた」らしい。

あんまり修羅場じゃないですね…失礼しました。
867: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 13:28:31 ID:OzgxSukGO
>>862
乙! 友子さんが無事で良かった
しかし私子強いなw
865: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 13:24:57 ID:vbN0CorIO
どんなふうに根性たたき直したのか詳しく!

しかし意味不明すぎる禿だなそいつ。
866: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 13:27:51 ID:rI4F5uA1O
後出し申し訳ないですが…
友子兄によると、「一晩庭に正座させて説教した」らしいです。
友子父も兄も熊並なのでかなり怖かったはずw
879: 恋人は名無しさん 2009/11/03(火) 15:15:05 ID:4SnGe4Gn0
何もしなくていいからホテル行こう、で爆笑した
そんだけ喚いといて何もしない、なんてどんだけ信用ないかわかってないんだなw
根性が少しでも叩きなおされてりゃいいけどね

引用元: ◇修羅場◇part88